悪魔 の いけ に え 2。 悪魔のいけにえ : 作品情報

悪魔のいけにえ

悪魔 の いけ に え 2

シエルが悪魔になったのはアロイスとハンナが、「セバスチャンとクロードがどちらかが死ぬまで戦うこと、そしてシエルを悪魔として蘇らせる」という契約をしたからです。 アロイスは2人に欲されるシエルが羨ましく、妬ましく、そんな契約をしました。 (ですのでシエルは1度死んでいます、最後にあった"Who Died at Aug,26th. 1889"はシエルは死んだ、という事です。 ) セバスチャンがシエルを好きだったのかは定かでは有りませんが、戦いに勝利したセバスチャンはシエルの魂を食らう事が出来るはずだったのです、しかし悪魔になったシエルの魂を食らう事は出来ず、 (悪魔同士で魂を食らうことは出来ません。 ) シエルに「ずっと僕の執事でいろ」と命令された時にセバスチャンは「イエス、マイロード」と返事をしてしまったので、シエルとセバスチャンの主従関係は永遠の物になってしまいました。 (この時、セバスチャンはアロイスの契約内容を知らなかったのでそう答えてしまいました。 ) なのでシエルの魂を食らうこともできず、シエルから離れることも出来なくなり、セバスチャンも辛かったのだと思います。 そして最後は2人とも死んでしまったのか、それとも生きているのかは製作者以外は解らないのでそこは個人の解釈で良いと思います。 長くなってしまいすみませんでした。

次の

知ってはいけない!悪魔と神につて話します。ほんとは逆?

悪魔 の いけ に え 2

男子高校生2人が殺された瞬間がラジオ局で録音されているとストレッチから聞かされ、ラジオ放送するように頼む。 レフティは復讐に行き、ストレッチも敵を撃退。 【起】 - 悪魔のいけにえ2のあらすじ1 〝1973年8月18日の午後、テキサスへドライブに出た5人の若者たち。 うち4人は死に、唯一の生き残りのサリーは翌朝、血まみれの悲惨な姿で発見され、世にも怪奇な話をした。 その内容はこうだ。 人間を食う一家が、チェーンソーで彼女の仲間を切り刻み、干し肉にした。 彼女だけは脱出を図った。 1か月に及ぶ捜査にも関わらず、何の成果もなかった。 殺人者も被害者も、発見されない。 公式には、この殺人事件は存在しないのだ。 しかしこの13年間、テキサスでは何度もチェーンソー殺人が報告されている。 事件はまだ終わっていない。 テキサスに取りつく、永遠の悪夢だ。 〟 アメリカ・テキサス州ニュート。 13年後、1986年。 2人の男子高校生・バズとリックが1つの車に乗り、週末にダラスへ遊びに行こうとしていました。 カーラジオを流していた2人は、地元のラジオ局レッド・リバー・ロックンロール局のラジオを聞いて、いたずらをしようと思い立ちます。 車には車内電話がありました。 (携帯電話が流行する少し前に、電話が搭載された車が売られていた) 車から電話をかけて、聴衆者からリクエストを聞く女性のDJ・ストレッチとの会話をだらだらと引き延ばし、電話回線をふさぐという嫌がらせを始めます。 どうやらストレッチの側からは、受けた電話を切れないようでした。 一度は電話を切った2人ですが、夜の8時11分にまたストレッチに電話をかけ、回線をふさぎます。 その時、バズの運転する車を追い越して、橋のところで車線をさまたげる車がありました。 車の上にはガイコツのような人物が、チェーンソーを振り回しています。 バズの車の屋根部分をチェーンソーで切って来たので、助手席のリックが銃を発砲しました。 するとガイコツは吹き飛び、二人羽織りをしていたレザーフェイスの姿が現れます。 レザーフェイスはマントの後ろで、ガイコツを操ってチェーンソーを動かしているように見せかけていました。 レザーフェイスは人の顔の皮膚をはぎ、それをマスクとして顔につけています。 運転手のバズがチェーンソーで攻撃され、絶叫と共に電話が切れました。 あまりにも生々しい殺人の実況中継に、ストレッチとラジオ局の助手の男性・LGはショックを受けます。 バズとリックが乗っていた車だけが見つかります。 車は川に突っ込んでいました。 ところが現場の警察は、あまり捜査をしたがりません。 積極的に捜査をして、面倒くさいことを掘り起こしたくないからです。 そんななか、1人だけ執拗に13年間、犯人を追い続けていた者がいました。 甥のフランクリンを殺された叔父レフティ・エンライト隊長です。 レフティは証拠を持つ者がいれば知らせてほしいと、新聞に広告を出しました。 それを見て、ストレッチが連絡をします。 【承】 - 悪魔のいけにえ2のあらすじ2 ストレッチは、自分がラジオ局のDJだと明かすと、ベンツに乗った2人組は殺人の被害に遭ったと言いました。 通話内容はすべて録音してあるので、その時の会話の一部始終も残っています。 ストレッチは捜査の協力を申し出ますが、レフティは断りました。 ダラスで『チリ』ソースのコンテストが行なわれており、2年連続でドレイトンが優勝します。 ストレッチもそのコンテストの様子を、ラジオで中継していました。 レフティはチェーンソー販売店を訪れ、3つのチェーンソーを購入します。 店主の勧めで、樹木を試し切りしたレフティは、甥の復讐をしようと燃えました。 ストレッチに連絡を取ります。 レフティはストレッチに「殺人の実況中継のテープを繰り返し流せ」と依頼しました。 電波法に抵触すると悩んだストレッチですが、レフティが「この2年、彼らの犯行現場はこの土地に集中している。 当局はあくまで行方不明者扱いで、捜査は進展しない」と言うので、放送を流すことを決意しました。 ストレッチはレフティに約束したとおり、ラジオでバズとリックの殺人中継の音声を、繰り返し流します。 苦情が殺到しますが、それでも流しました。 チリソースの優勝者・ドレイトンは帰りの車中でラジオを聞き、弟のレザーフェイスの犯行が電波に乗っていると知ります。 まずいとおもったドレイトンは、次男のチョップトップに連絡を取り、なんとかしろと指示しました。 (前作品では「祖父(グランパ)」「父(コック)」「兄(ヒッチハイカー)」「弟(レザーフェイス)」という構成だったが、今作品では「祖父(グランパ)」「長男(ドレイトン=コック)」「次男(チョップトップ)」「三男(レザーフェイス)」という設定になっている。 前作品の関係性がそもそも、父子だったか定かでない。 前作品のラストで車に轢かれたヒッチハイカーは、1シーンのみミイラ姿で登場。 チョップトップは、レザーフェイスの双子の兄設定) チョップトップはラジオ局へ行きます。 ラジオ放送を終えたストレッチがくつろいでいると、チョップトップがラジオ局の受付にいて「CMタイムを買いたい」と言います。 最初はまともに応対していたストレッチですが、途中から不気味に思い始めました。 というのも、チョップトップは針金の先をライターであぶり、しきりに頭をかいているのです。 その後、取れた何か(フケか、あるいは頭皮)を口に入れていました。 【転】 - 悪魔のいけにえ2のあらすじ3 そのうちにチョップトップは「あのテープが欲しい」と言い出します。 チョップトップとストレッチのところへ、横のレコード室から、チェーンソーを持ったレザーフェイスが襲ってきました。 誤って兄のチョップトップにチェーンソーが当たり、チョップトップのカツラが取れます。 ストレッチはその隙に、スタジオに隠れました。 チョップトップは弟のレザーフェイスを叱ります。 チョップトップがカツラなのは、手術をしたからでした。 頭蓋骨に鉄板を埋め込んだので、チョップトップは鉄板と頭皮の境目の部分がかゆく、しきりと掻いていたのです。 そこへ、飲み物を買って戻ってきたLGがはち合わせます。 チョップトップとレザーフェイスは2人がかりでLGを襲い、殴りました。 チョップトップは弟のレザーフェイスに、ストレッチ殺害も指示します。 スタジオにチェーンソーで乱入したレザーフェイスは、ストレッチに「本当はあなた、いい人よね。 いい人なのよ」と言われ、ストレッチにひとめぼれをします。 ストレッチを好きになったレザーフェイスは、スタジオを破壊することでストレッチを殺したように兄に見せかけ、ストレッチを助けました。 チョップトップのところへ戻り、2人でLGの遺体をひきずり、去っていきます。 ストレッチはなんとかしなくてはと思い、チョップトップとレザーフェイスの乗る車を尾行しました。 車は、すでに廃園になっているバトルランド遊園地に行きます。 人肉殺人の一家・ソーヤー家は、現在はバトルランド遊園地に住みついて生活していました。 遊園地の地下は洞窟が複雑に入り組んでおり、ソーヤー家はそこに遺体を運び込んでは、チリソースの具として使用したり、自分たちで食べたりしています。 ストレッチはバトルランド遊園地の外で車を止め、中に歩いて入りました。 そこで、同じくソーヤー家を追ってきたレフティと会います。 直後、ストレッチの足元が崩れ、地下道に落ちてしまいました。 レフティは地上から、チェーンソーを持ってソーヤー家に立ち向かうつもりです。 遊園地に入り込んだレフティは、壁の壁画の男の口から血が垂れたのを見て、壁を破壊しました。 壁から大量の臓物が出てきたので、レフティは遊園地の施設を破壊して、一家をおびき出そうと考えます。 ソーヤー家は、血を吸うミイラ同然の父・グランパと、調理役で一家を束ねる長兄・コック、チョップトップとレザーフェイスの4人家族です。 ストレッチが落ちたところは、肉を吊るす場所でした。 【結】 - 悪魔のいけにえ2のあらすじ4 一番下っ端のレザーフェイスが「服を脱がせて皮膚を剥ぎ、厚切りにしろ」という命令を受けて、連れてきたLGの皮膚を剥ぎます。 ストレッチが身じろぎしたので、物音でレザーフェイスに気づかれました。 ところがレザーフェイスはストレッチが好きなので、かばおうとします。 レザーフェイスはストレッチに、剥いだばかりの顔の皮膚と帽子をかぶせると、じっとしておくようにと手ぶりで示しました。 その時、地上でレフティが床を破壊し始めたので、レザーフェイスはストレッチの腕を拘束すると、部屋を出ていきます。 まだ生きていたLGが、起きあがりました。 剥いだ顔の皮膚は、LGのものでした。 LGは虫の息でストレッチの縄を解くと、絶命します。 ストレッチは顔の皮膚をLGに戻し、胸の傷(皮膚を剥いだところ)に帽子をかぶせると、部屋を出ていきました。 別の部屋では、遊園地の梁を壊したのはレザーフェイスの仕業だと早合点したドレイトンが、レザーフェイスを叱っていました。 その頃レフティは、車椅子に乗ったミイラ死体を見つけ、甥のフランクリンだと確信していました。 復讐に燃えます。 ストレッチがドレイトンとチョップトップに見つかりました。 チョップトップが「殺したと嘘をついた」と発言したことから、レザーフェイスの嘘がばれ、レザーフェイスがストレッチにひとめぼれしたことが露見します。 ドレイトンとチョップトップはレザーフェイスをからかい、「祖父に報告しないとな」と言ってストレッチを殴りました。 ストレッチは気絶します。 意識を取り戻したストレッチは、椅子に拘束されていることに気づき、絶叫しました。 137歳の半分ミイラ化した祖父が、連れてこられます。 ストレッチはたらいの前に連れられ、祖父の持つハンマーで殴られました。 そこへレフティが登場します。 レフティはドレイトンの尻をチェーンソーで切りつけ、レザーフェイスとチェーンソー対決を始めました。 レフティがレザーフェイスの腹にチェーンソーを突き立て、2つめの小さなチェーンソーを出して戦います。 ドレイトンは手榴弾を手にし、遊園地の一角が爆破されました。 逃げたストレッチはチョップトップに捕まりかけますが、電飾の電気を頭蓋骨の鉄部分に当てられ、感電しました。 それでもチョップトップはストレッチを追いかけます。 チョップトップはストレッチを遊園地の屋上部分に追いつめました。 持っていたナイフで自分の首を切ってみせ、「こんなことはできないだろう」と言います。 追われたストレッチは、最上階に祖母の遺体とチェーンソーを見つけます。 チェーンソーを取り上げたストレッチは、チョップトップに切りかかりました。 チョップトップは転落します。 その後、ストレッチは最上階でチェーンソーを振り回しながら、雄たけびを上げました。 (ラストはハチャメチャで、もう誰が死んで誰が生き残ってるか不明).

次の

SHUFFLE! エピソード2~神にも悪魔にも狙われている男~

悪魔 の いけ に え 2

解説 殺人鬼レザーフェイスの恐怖を描いたホラー映画の金字塔。 監督は、これが商業映画初作品だったトビー・フーパー。 アメリカのウィスコンシン州で実際に起こった残忍な殺人事件をもとに、旅行中の若者たちがテキサスの片田舎で殺人鬼に襲われる様を描いた。 サリー、ジュリー、フランクリン、カーク、パムの5人組は、夏休みを利用してドライブ旅行に出かけ、その途中でヒッチハイクをしていた男を車に乗せる。 しかし、男はナイフで自らを傷つけるといった行動を繰り返し、異常を感じた5人は男を車から追い出す。 やがて一軒の洋館を見つけた5人は、その家に立ち寄るが……。 1974年に製作され、日本では75年に初公開。 2015年、日本公開から40年を記念した「40周年記念版」がブルーレイ発売&劇場公開。 同バージョンは4Kスキャニングによる最新マスターを使用し、字幕や吹き替えも新規収録。 『オーメン』『ゾンビ』『ハロウィン』『13日の金曜日』『死霊のはらわた』『ポルターガイスト』『エルム街の悪夢』…あなたはどれがお好き? 中でも本作は、金字塔に挙げられる。 トビー・フーパー監督による1974年作。 テキサスの田舎に帰郷した若い男女5人が遭遇する惨劇、恐怖、狂気…。 開幕から不穏な雰囲気を漂わせる。 その田舎町で続く墓荒らしのニュース。 脂肪がゼリー状と化した死体。 本編冒頭のハイウェイに横たわるアルマジロの死体…。 5人はヒッチハイカーを乗せる。 相手や自分の身体を切り付けるイカレ野郎。 途中、ガソリンスタンドに立ち寄る。 バーベキューもやっているという一見親切そうな経営者だが…。 思えば、この時から目を付けられていたと言えよう。 目的地の廃屋。 その少し離れた所に、一軒家。 誰も住んではいないだろう。 中は廃屋同然で薄暗く、不気味な蜘蛛が蠢き、動物や人間のものと思える骨が…。 それは突然襲い来る。 殺人鬼、レザーフェイス! 人の皮で作ったマスクを被った大男。 うめき声以外喋らず、そもそも意思の疎通や人の感情などあるのか…? 代名詞とでも言うべきチェーンソーで襲撃。 よくジェイソンと間違われるが、チェーンソーで襲い掛かって来るのはこのレザーフェイスである。 そのジェイソンやブギーマンなどマスクを被った殺人鬼の元祖とも言えるだろう。 一人、また一人と殺されていく。 逃げ惑うヒロイン。 チェーンソーの音とヒロインの絶叫で、迫真。 何とかガソリンスタンドに逃げ込み、助けを求めるが…。 ここから衝撃の事実の連続。 レザーフェイスとガソリンスタンドの経営者、さらにはあのヒッチハイカーまでもが家族。 墓荒らしも彼らの仕業。 戦慄の殺人ファミリー。 一体彼らは何者…? 凄惨な行為の目的は…? 人の恐ろしさ、おぞましさ、悪しき心、病んだ心の成れの果てなのか、 この殺伐としたテキサスの田舎町が彼らを駆り立てたのか。 いや、理由など皆無に等しいのか…? 効果音のようなBGMが不穏な雰囲気をさらに醸し出す。 手持ちカメラ風のざらついた映像があたかもドキュメンタリーのようなリアリティー。 フェイクドキュメンタリー・ホラーの先駆けでもある。 そして何と言っても、トビー・フーパーの演出。 商業映画デビュー作であり、最高傑作。 本作のマスターフィルムがNY近代美術館に永久保存されているのは有名な話。 もはや芸術レベル。 シリーズ化されたが、他のホラーと同じく質落ちの道へ…。 マイケル・ベイ製作によるリメイク版はなかなか悪くなかったが ジェシカ・ビールがセクシー! 、やはりこの第1作目が格別。 ショッキングなラストもインパクト大。 恐怖と狂気の果てを見た。 Powered by• 2017年• 1974年• 2013年• 2006年• 2003年• 1995年• 1989年• 1986年 悪魔のいけにえ• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー• C MCMLXXIV BY VORTEX, INC. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の