関東 リーグ u13。 少年サッカー・関東リーグ1

メトロポリタンA1 試合帳票:2019JリーグU-14:Jリーグ.jp

関東 リーグ u13

「関東ユース U13 サッカーリーグ」は、関東1都7県の第3種 中学年代 に登録したチームもしくは準加盟チームに所属する13歳以下が対象であり、関東サッカー協会の主催で開催されているリーグ戦である。 また、として全国各地域でも開催されている。 2部各ブロック下位4チーム計8チームと都県代表8チームは自動入替。 ・試合時間は60分(30分ハーフ) 2014年に開催された第1回より最終結果を更新しております。 主 旨 公益財団法人日本サッカー協会は、日本サッカー界の将来を担うユース 13歳以下 の少年達のサッカー技術の向上と健全な心身の育成を図ることを目的にし、第3種年代の力の拮抗したリーグ戦を各地域で実施することが提案された。 その主旨を受け、関東サッカー協会では標記リーグを実施することとした。 参加資格 1 日本サッカー協会第3種に登録したチームもしくは準加盟チームであること。 2 上記 1 のチームに登録された選手であること。 3 平成18年(2006)4月2日以降の出生者を対象とする。 4 日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについて、同一クラブ内のチーム間であれば移籍手続きを行うことなく本リーグに参加させることが出来る。 なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第4種年代とし、第3種およびそれ以上の年代の選手は適用対象外とする。 なお、クラブ申請承認済み書類を会場に持参し本部に提示すること。 (1部各ブロック下位2チームと2部各ブロック上位2チームは自動入替(合計4チーム)。 2部各ブロック下位4チーム計8チームと都県代表8チームは自動入替。 2 順位決定方法は、勝3点、引き分け1点、敗0点の勝ち点により、勝ち点の多い順に決定する。 尚、勝ち点の合計が同一の場合は以下の項目に従って順位を決定する。 3 試合時間は60分(30分ハーフ) 4 ハーフタイムのインターバルは、原則として10分(前半終了から後半開始まで) 競技規則 1 (公財)日本サッカー協会の最新の「サッカー競技規則」による。 2 試合成立は、指導者1名以上がベンチ入りし、写真付き選手証を提示できる選手11人が試合開始前に本部前に整列できること。 (選手証とはJFAWEB登録システム「KICKOFF」にて出力した選手証・登録選手一覧を印刷したもの) 3 各試合の出場選手は、最大25名とする。 監督・コーチ等のスタッフは最大5名までとする。 4 都県リーグに複数チームを出場している場合。 選手登録に関しては、都県の要項に従うこと。 5 選手の交代は、登録した14名以内とする。 プレー中の選手が負傷するなどやむを得ない事情によりプレーを続行できない時、交代枠を全て使用した場合に限り、途中交代した選手を、再度交代しプレーさせることが出来る。 選手証とは、上記 2 で示したものに限る。 (電子端末での確認は不可。 ) 6 本リーグにおいて、退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できない。 違反の内容によっては、以降の処置を本リーグ規律・フェアプレー委員会において決定する。 7 本リーグ中に警告を3回受けた者は、次の1試合に出場できない。 8 本リーグの懲罰は本リーグで消化する。 本リーグが終了した時点で未消化の場合は直近の大会で消化する。 (累積の警告は消滅する。 ) 審判 審判はホームチームが担当し、当該試合にスタッフとして登録しない4級以上の有資格の審判員が行う事も出来る。 ユニフォーム 1 ユニフォーム(シャツ・ショーツ・ストッキング)については、正の他に副として、正と色彩が異なるユニフォームをメンバー表に記載し、各試合毎に必ず携行すること。 (GKは、HPと異なる色のユニフォーム正・副を用意すること。 ) 2 ユニフォームは試合ごとに登録するものとする。 3 背番号は、選手固有のものとして、原則としてリーグ途中での変更は認めない。 但し、登録を抹消した選手の背番号を新たに登録した選手が付ける事は認める。 4 審判が通常着用する黒色のシャツと類似するシャツの使用は認めない。 5 シャツの前面・背面にメンバー表で登録した背番号を付けること。 ショーツの番号は任意とし、ついている場合は、シャツの番号と一致させること。 その他 1 各試合において、ホームチーム関係者が本部役員を務め、交代選手の確認等を行う。 また、試合記録については、両チームから1名ずつ本部に入り、記録につとめる。 (選手でも可) ホームチームは、所定の公式記録用紙に試合記録を記入し、主審及び両チーム監督の署名を受ける。 退場等の場合は、重要事項報告書を作成し、当日中に事務局にFAXすること。 2 テクニカルエリアを採用する。 その都度ただ1名のスタッフのみがテクニカルエリアから戦術的指示を与える事ができる。 (ベンチに着席しているスタッフからの指示は出来ない) ベンチ入りしたスタッフと選手は、原則として試合中の選手のユニホームの色と違う色のビブスを着用すること。 3 メンバー表は、試合開始30分前までに本部に3部提出する。 4 同じ所属の2チームが1部と2部リーグに出場は出来るが、同一リーグに出場することは出来ない。 5 雷等で中断し、当日中に試合の再開が不可能な場合は、別途再試合を行うものとする。 6 試合結果は、関東クラブユースサッカー連盟のHPからリンクして掲載する。 7 試合結果については、試合終了後、速やかに当該試合の会場責任者が、連絡フォームにて送信すること。 (公式記録用紙については、月ごとにまとめて事務局に郵送) 8 試合会場、試合時間等の変更はホームチームが責任を持って速やかに事務局及び関係チームに連絡をする。 9 会場は各チームが責任を持って準備する。 なお、準備する会場は原則として天然芝もしくは人工芝とするが、雨天でも使用可能であり、かつ選手が通常のパフォーマンスを発揮できる会場であればクレーでも可とする。 10 試合が一方のチームの責に帰すべき事由により開催不能または中止となった場合には、その過失あるチームは、原則として0対3で敗戦したものとみなされる。 (後日、そのリーグの最大得点差(3点差以上の場合)と置き換える) 11 応援場所等や選手控え場所のゴミの持ち帰りの徹底、会場周辺の路上駐車の禁止などを保護者等に周知する。 また、ゴミの最終確認はチームスタッフが責任をもって行うこと。 12 夏季の試合について、暑熱対策には十分配慮し、13時から16時のキックオフは避けた調整をする。 引用元:.

次の

FC LAVIDA

関東 リーグ u13

SC・柏エフォート・西砂青少年SC ブルーファイターズSC・ジョイフルSC 2020年02月20日 関東リーグ2020総会新型コロナウィルス拡大に伴う総会延期のお知らせ 日頃は少年サッカー・関東リーグの活動にご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。 2月22日(土)関東リーグ総会でございますが、開催の延期をさせていただきます。 今後状況の改善を 確認した上で改めて開催をしたいと存じます。 急な判断に皆様方に混乱とご迷惑をお掛けしますこと申し 訳ございませんが何卒ご理解を賜りますようお願いします。 周知のとおり新型コロナウィルスは感染拡大が続いております。 感染の経緯、症状の未確認、治療薬がない ことなど情報が大量に発信されております。 今回の判断が過大な施策であるかもしれませんが、参加される 方々のご心配・ご安全を第一に思い決定させていただきました。 関東リーグは皆様方ご賛同いただけるチームがあって活動ができる団体です。 輝いた眼を持つ子供を増やす活動に今後ともご支援・ご鞭撻いただけますようお願い申し上げます。 敬 具 2020年02月19日 1月12日・13日の両日、流山スポーツフィールドにおいて『第16回6年生友好大会』が開催されました。 12日大会、雨予報を覆し雨がパラツキはしましたが無事開催できました。 しかし寒かったです。 13日大会、昨日と激変暖かい一日でした。 小学校世代最後の年に相応しい試合展開が行われ、随所に素晴らしいプレーを見ることができました。 試合ですので結果はつきますが感動をいただけました。 各チームスタッフのお力ですね 4月から中学生になりますが、厳しく・楽しいサッカーを続けること希望します。 EDO えどそらFC 流山隼少年SC-B 武蔵丘FC B面 1位 西砂青少年SC 2位 宇喜田SC 流山隼少年SC-R 松戸小金原FC ペガサスJFC-B 2020年01月19日.

次の

関東:2019関東U

関東 リーグ u13

U13における大会(公式戦) U13では「2つのトーナメント戦」と関東を舞台とした「関東リーグ」があります。 東京都クラブユースサッカーU13選手権大会 U13(中学1年生)年代における東京都の頂点を目指す大会となります。 レギュレーション次第というところもありますが、通常は1次リーグから4次リーグまで上位勝ち抜けのリーグ戦を行い、その後にノックアウトステージとして決勝トーナメントがあります。 開催時期:例年6月〜翌年2月 2019年度は「F C東京むさし」が東京都チャンピオンに輝きました。 東京フレッシュカップU13 チーム次第というところもありますが、 どちらかというとBチーム向けの大会としての位置づけかと思います。 こちらは1次リーグの上位チームがノックアウトステージに挑みます。 開催時期:例年10月〜翌年2月 2019年度は「 FC多摩」が優勝しました。 当然、関東の強豪チームで構成されるリーグ戦ですので、どのチームでも参加できる訳でなく、 上記の東京都クラブユースサッカーU13選手権大会で優勝しないとこのリーグには参入できません。 開催時期:例年5月〜12月 2019年度結果は以下の通りです。 U14における大会(公式戦) U14では「2つのトーナメント戦」があります。 東京都クラブユースサッカーU14選手権大会 U14(中学2年生)年代における東京都の頂点を目指す大会となります。 レギュレーション(競技方式)はU13選手権大会と同じです。 開催時期:例年6月〜翌年2月 2019年度は並み居るJ下部ジュニアユースを抑えて「街クラブ」の「 FC多摩」が東京都の頂点を掴みました。 東京フレッシュカップU14 こちらのレギュレーション(競技方式)もフレッシュカップU13と同じです。 開催時期:例年10月〜翌年2月 2019年度は「 FRIENDLY」が優勝しました。 U15における大会(公式戦) ジュニアユース最終年度となるU15では「3つの大会」があります。 いずれも関東や全国につながってくる重要な大会となります。 日本クラブユースサッカー選手権U15大会 関東大会、そして全国大会へと続くクラブチーム(ジュニアユース)の日本一を競う大会となります。 通称:クラ選 東京予選では1次リーグを勝ち抜いたチームがノックアウトステージのトーナメントに進みます。 開催時期 (東京予選)例年4月〜5月 (関東予選)例年6月〜7月 (全国大会)例年8月 2019年度大会の関東大会に駒を進めた東京代表は12チームありました。 高円宮杯全日本U15サッカー選手権大会 クラブチーム(ジュニアユース)、中体連(中学校の部活)が参加し U15年代の日本一を競う最大規模の大会となります。 一発勝負のトーナメント戦です。 通称:高円宮杯 開催時期: (東京予選)例年8月〜10月 (関東予選)例年11月 (全国大会)例年12月 2019年大会では6チームに加え、関東リーグ所属チームが東京代表となりました。 高円宮杯U15 Tリーグ クラブチーム(ジュニアユース)、中体連(中学校の部活)が参加するリーグ戦です。 Tリーグで上位成績を収めると、関東リーグU15への参入権を手にします。 昨今の育成年代では、如何に高いレベルでの試合で経験を積むかというところが重要ですので、通年で実施されるリーグ戦はより上のカテゴリを目指す、または維持するというのが自然な傾向だと思います。 従って、ほとんどのチームがこのリーグ戦を最重要視しているのではないでしょうか。 開催時期:例年3月〜10月 2019年度成績はこちら.

次の