ココット 使い方。 ストウブ ピコ・ココット ラウンド 10cm【使用感レポート】使い勝手、価格、容量を比較

ココットを使った2種類のスイーツレシピとラッピング

ココット 使い方

おしゃれで可愛いだけでなく料理の持ち味を引き出してくれるココット鍋。 煮込み料理はもちろんのこと、炒め物など様々な料理を作ることが出来る万能なアイテムです。 また調理後はそのままテーブルに出せるというのも、手間が掛からず忙しい主婦には魅力的。 サイズや色のバリエーションも豊富なので、自分好みの色や食卓の雰囲気に合わせて選べます。 今回は、そんないつもの料理を楽しくしてくれるおすすめのココット鍋をご紹介したいと思います。 ココット鍋の使い方 ココット鍋は、普段フライパンやお鍋で作っているような様々な調理に使えます。 煮物料理だけでなく、炒め物、揚げ物、炊飯なども美味しく作ることが出来ますし、 オーブン対応の物だと、パンを焼くことも可能です。 ココット鍋の特徴は 熱伝導によって均一に食材に熱を加えられ、旨味を最大限に引き出してくれることです。 そのため、普通のお鍋で作るよりもワンランク美味しく仕上がります。 また温かい料理だけでなく、プリンやアイスなどの冷たいデザートも作れますので、ココット鍋のサイズや形状で使い分けると良いでしょう。 保温性、保冷性共に優れており、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく温度をキープしてくれるので、そのままテーブルに運んで、美味しい料理をゆっくりと楽しむことが出来ます。 ココット鍋で作るおすすめ料理 ココット鍋は様々な料理を作ることができますが、ココット鍋で作るのに特におすすめの料理は以下です。 無水カレー ココット鍋に野菜を入れ、野菜の水分だけでカレーを作ることが出来ます。 鍋に野菜をたっぷり入れ、蓋をして弱火でじっくり煮込むと、野菜の水分がじわじわと出てきます。 熱伝導が良い為、火が強すぎると野菜が焦げてしまうこともあるので注意しましょう。 野菜にしっかりと火が通ったらカレールーを入れてもう一煮込みすれば完成です。 じゃがいもはホクホクに仕上がり野菜の旨味成分が凝縮されたカレーは、一味違う仕上がりになります。 炊飯 お米もココット鍋で炊くと、ふっくらつやつやなご飯が炊き上がります。 冷めても美味しいですし、炊飯ジャーで炊くよりも時短できるので忙しい時にも便利です。 またアレンジ次第では、様々な炊き込みご飯が出来ますのでバリエーションも広がります。 家族でお鍋を囲んで温かいご飯をよそって食べるのもまた楽しみが増しますね。 ココットパン オーブン対応のココット鍋では、パンを焼くことも出来ます。 生地を鍋に入れて発酵させてオーブンで焼くだけで、ココット鍋は熱を外に逃がさないのでまんべんなく火が通り、外はパリッと中はふわっとした美味しいパンが完成します。 ホームベーカリーが無くてもパンが作れるというのは嬉しいですよね。 普通サイズのココット鍋でもミニサイズのココット鍋でも出来るので是非お試しください。 プリンやアイスなどの冷たいデザート ココット鍋の保冷力の特徴を生かしてプリンやアイスなどのデザートも作ることが出来ます。 ミニサイズのココットだと一人分ずつ分けて作ることが出来ますし、大きいサイズで作って一人分ずつ取り分けるのも良いですね。 ホームパーティーの時などに用意しておくと小さいお子様などにも喜んでもらえる一品です。 ココット鍋のおすすめ5選 Staub(ストウブ) ココット鍋の中でも代表的なストウブは、フランスの職人によって伝統的な製造方法で造られています。 鋳物ホーロー製で、ガス火、IH、オーブン、全て対応しているので一つあるだけで用途が広がります。 また蓋の裏に突起物が付いているので、蒸気がまんべんなく食材に降り注ぎ、旨味を引き出してくれます。 また、エマイユ(ホーロー)加工が施されているので、傷も付きにくく焦げた場合のお手入れも簡単です。 形は円形と楕円形の2種類がありますが、初めての方には円形の方が熱を均一に伝えるため様々な料理に使いやすくおすすめです。 ルクルーゼ ルクルーゼもストウブと同じくフランス生まれのココット鍋で、鮮やかな色とサイズ展開が豊富なのが特徴です。 テーブルに置くだけで食卓が華やかなになり、おしゃれなので女性からも多くの支持を集めています。 機能性にも優れており、ドーム型の蓋が熱と蒸気をまんべんなく対流させ、ムラなく食材に熱が入ります。 余分な蒸気は、スチームコントロール機能によって逃がしながら、食材の旨味を引き出してくれます。 少々値段は張りますが、鋳物ホーロー製で100年でも持ちこたえるくらい丈夫と言われていることや、ココット鍋一つあれば様々な料理を作ることが出来ることを考えると、買って損はしません。 別売りでスチーマーもあるので、シュウマイや茶わん蒸しなどの蒸し料理も簡単に出来ます。 盛栄堂 南部鉄の産地である岩手県にて160年以上もの歴史がある及源鋳造は、伝統製法により職人が手作りで鉄鍋を作っています。 そんな伝統的な鉄鍋の中でも、おしゃれで現代的な手のひらサイズのオーバルココットはとても人気があります。 キッチンに置いているだけでインテリアとしても映えるココット鍋は、一人分にちょうど良いサイズです。 アヒージョやチーズフォンデュなどにぴったりなサイズで、おしゃれな雰囲気を演出してくれます。 シーズニングは必要ですが、気軽に使いやすいサイズなのでアウトドアで使う方も多く、一つあれば用途が広がる便利なアイテムです。

次の

調理してそのままテーブルに!とっても便利な「ココット皿」の選び方&使い方アイデア

ココット 使い方

おうちごはん編集部にもファンが多いSTAUB鍋。 これまでもその魅力について度々ご紹介してきましたが、今回はピコ・ココットシリーズのミニサイズ、ラウンドの10cmとオーバルの11cmの魅力についてたっぷりご紹介します。 小さくてもSTAUBの保温性、保冷性、機能性の高さはそのまま!かわいくて頼もしい、見ているだけで幸せになれるミニココットには、実は楽しみ方がいっぱいあるんです。 STAUB初心者の方はもちろん、他のサイズは持っていてミニサイズも気になっている、という方は要チェックです! これまでにご紹介した「STAUB(ストウブ)」のおすすめ記事まとめは、こちらをチェックしてみてくださいね! どんな色があるの?サイズは?重さは? 気になるSTAUBミニココットのカラーバリエーションは? STAUB staub ミニ ココット オーバル 11cm グランブルー 価格:14,040円(税抜) ミニのラウンドとオーバル、どちらが大きいの? 小さくても、しっかりもののミニココット!容量はラウンドとオーバル、どちらも250ml。 一人分のスープの量が120~150mlくらいと言われているので、具だくさんスープでも楽しめるくらいの大きさなんです。 使用する前に注意したいことは? 鋳物でできているピコ・ココットシリーズのミニサイズは、直火、オーブン、IH(機種による)などで調理できますが、サイズが10~11cmと小さいため、熱源の違いによって使い方のコツが必要になります。 ご紹介するポイントをおさえておくと、ミニココット料理のバリエーションがより広がりますよ! 【直火】 (1)小さくても鋳物でできているので、直火でOKですが、ガス台の五徳はミニココットよりも大きいことが多いため、その場合は網などを引いてから火にかけましょう。 (2)STAUBは熱伝導性が高いため、弱火~中火での調理がおすすめ。 ガス火がはみ出てしまうような火力は吹きこぼれの原因になってしまいます。 ミニココットは通常の中火でも強火になってしまうため、ごくごく弱火を意識して調理しましょう。 【オーブン】 料理やお菓子などバラエティー豊かなメニューが楽しめます。 レシピによって使い分けるといつものレシピがワンランクアップしますよ。 【IH】 12cm以下の小さなココットには反応しない機種もあります。 購入される前に、使用できるかどうかをご確認くださいね。 おもてなしにもぴったり!みんなのミニココット活用術 寒い日もほっこり、あったか~いオニオングラタンスープ りんごの水分で蒸し焼きにして、仕上げにキャラメリーゼ。 お好みでホイップクリームやアイスクリームを添えたり、刻んだナッツを散らしたり、楽しみ方はいろいろ。 ミニココットだからしっとりとおいしくできる、りんごの簡単デザートです。 鍋にバターを溶かす。 皮をむいて芯をくりぬいたりんごを入れ、シナモンシュガーをりんごの表面がかくれるくらい振りかける。 フタをして弱火にし、焼き色がついたら裏返して、もう片方にもシナモンシュガーを振りかける。 再びフタをして両面が色づくまで蒸し焼きにする。 に生クリームを加え、弱火で5分くらい煮詰めてりんごとよくからめる。 仕上げにホイップクリームをのせて、お好みでくるみやカレンズなどを散らす。 ひとつひとつ増やす楽しみ、ミニココットで幸せな時間を.

次の

調理してそのままテーブルに!とっても便利な「ココット皿」の選び方&使い方アイデア

ココット 使い方

おうちごはん編集部にもファンが多いSTAUB鍋。 これまでもその魅力について度々ご紹介してきましたが、今回はピコ・ココットシリーズのミニサイズ、ラウンドの10cmとオーバルの11cmの魅力についてたっぷりご紹介します。 小さくてもSTAUBの保温性、保冷性、機能性の高さはそのまま!かわいくて頼もしい、見ているだけで幸せになれるミニココットには、実は楽しみ方がいっぱいあるんです。 STAUB初心者の方はもちろん、他のサイズは持っていてミニサイズも気になっている、という方は要チェックです! これまでにご紹介した「STAUB(ストウブ)」のおすすめ記事まとめは、こちらをチェックしてみてくださいね! どんな色があるの?サイズは?重さは? 気になるSTAUBミニココットのカラーバリエーションは? STAUB staub ミニ ココット オーバル 11cm グランブルー 価格:14,040円(税抜) ミニのラウンドとオーバル、どちらが大きいの? 小さくても、しっかりもののミニココット!容量はラウンドとオーバル、どちらも250ml。 一人分のスープの量が120~150mlくらいと言われているので、具だくさんスープでも楽しめるくらいの大きさなんです。 使用する前に注意したいことは? 鋳物でできているピコ・ココットシリーズのミニサイズは、直火、オーブン、IH(機種による)などで調理できますが、サイズが10~11cmと小さいため、熱源の違いによって使い方のコツが必要になります。 ご紹介するポイントをおさえておくと、ミニココット料理のバリエーションがより広がりますよ! 【直火】 (1)小さくても鋳物でできているので、直火でOKですが、ガス台の五徳はミニココットよりも大きいことが多いため、その場合は網などを引いてから火にかけましょう。 (2)STAUBは熱伝導性が高いため、弱火~中火での調理がおすすめ。 ガス火がはみ出てしまうような火力は吹きこぼれの原因になってしまいます。 ミニココットは通常の中火でも強火になってしまうため、ごくごく弱火を意識して調理しましょう。 【オーブン】 料理やお菓子などバラエティー豊かなメニューが楽しめます。 レシピによって使い分けるといつものレシピがワンランクアップしますよ。 【IH】 12cm以下の小さなココットには反応しない機種もあります。 購入される前に、使用できるかどうかをご確認くださいね。 おもてなしにもぴったり!みんなのミニココット活用術 寒い日もほっこり、あったか~いオニオングラタンスープ りんごの水分で蒸し焼きにして、仕上げにキャラメリーゼ。 お好みでホイップクリームやアイスクリームを添えたり、刻んだナッツを散らしたり、楽しみ方はいろいろ。 ミニココットだからしっとりとおいしくできる、りんごの簡単デザートです。 鍋にバターを溶かす。 皮をむいて芯をくりぬいたりんごを入れ、シナモンシュガーをりんごの表面がかくれるくらい振りかける。 フタをして弱火にし、焼き色がついたら裏返して、もう片方にもシナモンシュガーを振りかける。 再びフタをして両面が色づくまで蒸し焼きにする。 に生クリームを加え、弱火で5分くらい煮詰めてりんごとよくからめる。 仕上げにホイップクリームをのせて、お好みでくるみやカレンズなどを散らす。 ひとつひとつ増やす楽しみ、ミニココットで幸せな時間を.

次の