薬屋のひとりごと 1巻 ネタバレ。 薬屋のひとりごと1巻のあらすじ・感想・ネタバレ

薬屋のひとりごとのネタバレ1巻〜これから流行る話題作!!〜

薬屋のひとりごと 1巻 ネタバレ

薬屋のひとりごと36話7巻「後宮ふたたび(後編)」ネタバレ 月刊ビッグガンガンvol. 7 李白の相談に乗っていた猫猫。 緑青館の三姫が身請けされると聞いて、李白は心配になっていたのでした。 李白は緑青館の妓女白鈴に惚れ、彼女を身請けしたいと思っていたのです。 白鈴は緑青館の人気妓女で、梅梅や女華たちとともに、猫猫が養父に引き取られるまでの面倒を見た女性でした。 猫猫にとっては母とも言える存在なのでした。 超一品の妓女の身請けに必要な額を猫猫に聞く李白。 猫猫から即金で銀1万は必要だと聞かされ、李白はショックで落ち込むのでした。 泣き顔のまま、李白は自分が白鈴を身請けできるかも猫猫に聞きます。 すると、猫猫は李白に服を脱ぐように伝えます。 筋肉の付き具合を見て李白の日頃の鍛錬ぶりを知る猫猫。 白鈴の好みとして合格点だと認識すると、最後の一枚を脱ぐように言います。 そのとき、壬氏がドアを開けて何をやっているのかと青ざめた顔で睨むのでした。 相談に応じていたのだと、猫猫は説明します。 服を脱いでいたのはやましいことではなく、好みの体かどうか確認するためだと。 血の気が引く壬氏。 うつむき震えながら李白の体がどうだったのかと、壬氏は尋ねます。 李白は均整の取れた筋肉をしており、訓練を毎日欠かさない真面目な人間だろうと猫猫は答えます。 さらに、武官の中でも武力が高いのではないかと見ていました。 壬氏は猫猫が人の体を見るだけでそこまでわかることに驚きます。 そして私の体を見てもなにかわかるかと、猫猫に聞きます。 猫猫は壬氏が李白に嫉妬しているのかと思いますが、見ても意味がないと告げるのでした。 呆けた顔で肩を落とし、上衣がずれ落ちる壬氏。 後ろにいた高順もうつむき、手を額に当てています。 猫猫は壬氏は自分の小姐とは合わないと思うと続けるのでした。 壬氏は、は?と眉を潜めるのでした。 壬氏は笑顔で挨拶を済ませ、李白に語りかけます。 李白に意中の人がいるのだろうと問いかける壬氏。 李白は馬鹿にしようとしているのかと警戒しますが、白鈴のことを馬鹿にするのだけは許さないと、覚悟を決めます。 すると、壬氏は身請け金をこちらで全額用意すると言うのでした。 2万で足りるかと李白に聞きます。 予想外の話に驚く李白ですが、裏があるのではないかと気を引き締めます。 李白は見ず知らずの自分を信用していいのかと聞くと、壬氏は猫猫が普段警戒心が強く、李白に心を許していることから信頼できると思えることを伝えます。 そして猫猫が慕っている姉の伴侶としてどうかとも猫猫が考えていることを壬氏は話します。 それ以外にも、李白の周囲を調べ、有望な官 と仲良くなっておきたいとも話すのでした、 李白はそれでも2万を躊躇いなく出す壬氏に心を許し切ることができません。 そして銀を貰いたい気持ちをこらえ、自分の妻として迎えたい女は自分で稼いで迎えるのだと、胸を張って答えるのでした。 壬氏はうっすらと微笑みを浮かべたまま、李白の気持ちを受け入れます。 今後、話をすることがあるだろうとも告げて壬氏は去っていくのでした。 李白は一体なんだったのかと、呆気にとられるのでした。 \FODプレミアムで無料で読む方はこちら/ 無料で読む方法を簡単にまとめると• 7は620円なので、差額20円で今すぐ格安で読めます! FODプレミアムは最大900ポイント分の漫画が読めるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。

次の

薬屋のひとりごとのネタバレ|3巻(スクエニ版)〜猫猫の父親は初老のイケメン!?やり手婆も初登場!〜

薬屋のひとりごと 1巻 ネタバレ

どうも、コニーです。 みなさん薬屋のひとりごとを楽しんでいますか? 今回は前回に引き続き、コミカライズ版薬屋のひとりごとの4巻を紹介していきます。 この記事では薬屋のひとりごと4巻の登場人物やあらすじについて語ります。 注)この記事は『薬屋のひとりごと4巻』のネタバレを含んでいます。 ネタバレを避けたい方はここで記事を読むのをお辞めください。 薬屋として働いており、山へ薬を取りに行ったときに拐かされて後宮に売られる。 その薬学の知識と持ち前の推理力で玉葉妃と鈴麗公主を救い、玉葉妃の侍女となります。 桜花たちに勘違いされ、知らない間に設定が増えている。 薬や毒に対する執着心がすごいが、人に関する興味はあまりない。 その名の通り猫のようなキャラで、クールでかわいい。 猫猫についての詳しい記事はこちら (4巻以降のネタバレを含むので注意) どうも、コニーです。 今回も薬屋のひとりごとのキャラクター紹介をしていきたいと思います。 ヤブ医者に連れられて今朝見つかった水死体の調査にきた猫猫。 服装から死んだのは後宮の侍女と推測します。 調べた結果わかったのは、その侍女は纏足という足を木靴に合わせるように矯正する処置をしていたくらい。 他殺か自殺かはっきりしないまま猫猫は調査をおります。 後日小蘭からその事件は自殺として処理されたことを聞きます。 そしてなんとその侍女は柘榴級の下女で園遊会で里樹妃に毒を盛った犯人! 園遊会の毒事件とか結構前の話ですよね笑 そこにつながってくるかって感じです。 次の日玉葉妃と里樹妃による珍しい上級妃同士のお茶会が開かれます。 玉葉妃は以前園遊会で猫猫が作った蜂蜜を使ったお菓子を出すのですが、どうやら里樹妃は蜂蜜が食べれない様子。 食べれないのが顔にめっちゃ出ちゃう里樹妃かわいい。 蜂蜜食べられないのを見た里樹妃の次女たちは陰口を言います。 他の記事でも書きましたが、玉葉妃という上級妃の前で陰口をいうってすごくないですか? 下手したら首が物理的に飛びそうですね笑 気を利かせた猫猫と玉葉妃が生姜湯と取り替え、無事にお茶会は終了しました。 その様子を聞いてきた壬氏。 どうやらこのお茶会は壬氏が用意したものだそうです。 そんな壬氏から柘榴宮に行くように命じられる猫猫。 早速柘榴宮の主人である阿多妃と侍女頭の風明が登場します。 風明の侍女頭と思えない仕事ぶりと阿多妃への忠義心に感心する猫猫。 掃除をしていると何やら棚にずらっと並んだたくさんの壺を見つけます。 中を見てみると中身は全て蜂蜜。 他の侍女から風明の実家が養蜂をしているのだということを聞きます。 この時代だと蜂蜜はやはり高級なものでしょうから風明の実家は相当裕福なのでしょうね〜 蜂蜜に何か引っかかる猫猫。 夜遅くまで働き疲れた猫猫は風明に自室についてくるように言われます。 風明の部屋につきそこで風明は防寒用の毛皮を与えます。 しかしその部屋で猫猫は先日なくなった下女のものと思われる靴を発見! 風明がその事件に関わっている可能性があることを壬氏に伝えます。 しかし壬氏はすでに調べていた様子 壬氏は猫猫を試したのでしょうか? それとも確証が欲しかったのですかね? 壬氏はご褒美だと自分の指に蜂蜜を塗って猫猫に舐めるように迫ります。 変態です。 猫猫「真実はいつもひとぉつ!!!」 はい。 確かめたいことがあると里樹妃を訪れる猫猫 里樹妃にいきなり蜂蜜は嫌いかと聞きます。 すると里樹妃が赤ん坊の時誤って蜂蜜を食べてしまい、一時は命も危うかったということを教えてくれました。 そして何やら風明とあった様子。 猫猫は後宮での出来事を知ろうと宮廷の書庫の書類を読み漁ります。 すると阿多妃には昔息子がいたが、乳幼児の時に死亡してしまったことがわかりました。 次の日猫猫は風明に話をしに訪れます。 そして阿多妃がもう子供を産めないことを言い当てます。 出産の時に皇后も同時に出産していたため後回しにされ結果として子宮を失ってしまったのです。 そして猫猫は言葉を続けます 「責任を感じているのだろう?」と 体調の優れない阿多妃に代わって赤ん坊を世話していたのは風明です。 赤ん坊が死んだ原因は毒白粉だと言われているが風明はそれを使うようなミスはしないはず。 本当の死因は風明が良かれと思って与えた普通の蜂蜜でした。 蜂蜜は赤ん坊にとっては毒になるということを風明は知らなかったのです。 そうして赤ん坊は死亡してしまいました。 不慮の事故だったのですね… 同様の症状で苦しんだ里樹妃からそのことが阿多妃に伝われば、自分のせいで息子が死んだことを阿多妃は気づくかもしれない、 それを恐れた風明は里樹妃を毒で殺そうとしたのです。 風明は自分の一番大切な人の一番大切なものを奪ってしまった罪悪感に苦しみながら17年間仕えてきたんです。 悲しむ風明に猫猫はある提案をします。 それは動機を『阿多妃の淑妃の座を守るため』として自首すること。 どちらにせよ処刑されるが、赤ん坊の死因については阿多妃に知られることがない それを風明は選びました。 こうして事件は解決したのでした。 風明の処刑後塀の上で月を見る猫猫。 すると偶然そこに阿多妃が現れます。 次の日に後宮から出る阿多妃の語らいを猫猫は静かに聞くのでした。 阿多妃が後宮を出る当日、本人の顔は堂々としていました。 阿多妃が壬氏と似ていると思う猫猫は実は阿多妃の息子と皇弟がすり替えられていたのではないかということを考えますが、所詮妄想だと流します。 これ絶対のちの伏線ですよね笑 わかります。 そこへ里樹妃が走って見送りにきます。 両親から離れて暮らす里樹妃は阿多妃を母のようにしたっていました。 そんな泣いている里樹妃をなだめる阿多妃は母親のように見えたのでした。 さて、風明が処刑されたことでその実家と関わりがあるものが後宮をクビになることに! そしてなんとそのクビリストには猫猫の名前がありました。 どうやら猫猫を攫ってきた連中が風明の実家と関係があったようです。 このままクビにされればやり手婆に売り飛ばされると思った猫猫は壬氏にクビにしないように交渉しに行きます。 しかしながら壬氏は猫猫が後宮をやめたがっていると勘違い笑 アンジャッシュ!! 結局猫猫は花街へ帰ることに。 猫猫がいなくなり落ち込む壬氏。 それを見かねた高順の手によって猫猫は壬氏が参加する飲み会に妓女として参加することになり見事壬氏と再会します。 高順できる男やでぇ その後壬氏が猫猫を身請けし、猫猫は後宮に戻ることになり一件落着!! 『薬屋のひとりごとのネタバレ4巻〜悲しすぎる事件の真相〜』のまとめ どうでしたか? 4巻は2巻から続いていた園遊会の事件の答え合わせでしたね。 風明が里樹妃を毒殺しようとしたことは許されないことだけど、その最初の原因が事故っていうのがなんとも言えない悲しさがありますよね。 この蜂蜜の事件に関してはこちらの記事に詳しく書いたので、考察など気になる方はご覧ください。 どうも、コニーです。 前回ちょうど薬屋のひとりごとのキャラ紹介に区切りがついたので、今回は久しぶりに考察系の内 … そして壬氏と猫猫のアンジャッシュ的すれ違いはほんと最高ですね笑 そしてそれに対応してくれる高順がすばらしすぎる。 高順いなかったら2人がくっつくことはなさそうですね笑 このネタバレ記事を読んで興味を持っていただけたら、ぜひ薬屋のひとりごと4巻をお買い求めください! 今回はこの辺で! ではでは! 「4巻の次は5巻の内容も知りたい!!」 となった方もいるでしょう。 そんな方に朗報です。 今なら 無料で薬屋のひとりごと5巻を読める方法があります!! 気になる方は下の記事からその意外な方法を体験してください!!.

次の

薬屋のひとりごと6巻の発売日と収録話数まとめ!【ネタバレあり】

薬屋のひとりごと 1巻 ネタバレ

小説「薬屋のひとりごと」8巻・9巻のあらすじのネタバレ 「薬屋のひとりごと」最新刊10巻の発売日前に復習として8巻・9巻のあらすじやネタバレを少し紹介します! 「薬屋のひとりごと」8巻のあらすじやネタバレ 季節は風の冷たさが感じられるようになった頃。 猫猫は目の前に置かれたたくさんの書物に頭を悩ませていた。 すべて同じ本。 作者は漢羅漢。 この状態は非常に面倒だった。 変人軍師の仕業であろうことは猫猫にはわかりきっている。 さらに宿舎の管理をしている小母から文を手渡され、目を通すと、 碁の本をたくさん作ったので猫猫にもあげる、という内容が書かれていた。 姚が寄りかかるほどに積み上げられた本の数々。 決して作るのは安くない本、印刷ではあるがこれほど用意できたことは素直に関心する。 燃やすわけにもいかず、猫猫は本をめくる。 興味深そうにこちらを見ていた燕燕にも一冊手渡す。 内容は軍師らしくかなり出来がいいらしい。 猫猫は碁や将棋の遊び方を知っている程度なのでいまいちよくわからない。 「いる?」 猫猫が尋ねると燕燕は銀一枚までなら出せると答えた。 銀一枚は食費半月分にも相当する。 しかし姚はそれを安いと言ってのけた。 少し金銭感覚がずれている。 それに対し燕燕は銀一枚では安いと思いつつ、猫猫に友人割の適用だと語る。 猫猫は友人関係だったのかと少し驚きつつ、そう思っているのなら同僚ではなく友人であると認識を改めようと考えた。 それを見ていた姚も「私は?」と聞く。 しかし燕燕は「私にとってかけがえのないお嬢様です!」と胸を張って答えた。 一瞬で不機嫌になる姚。 その態度に燕燕も戸惑っている。 猫猫は燕燕にこの本をあげるから、碁が好きそうな者を教えて欲しいと頼む。 医官たちが休日に打っているとの情報を聞き、しめたと考える。 猫猫は碁打ちが誰なのかを聞く。 すると燕燕は銀一枚を取り出し、「お代です」と支払おうとした。 「いや、いらないけど」 猫猫が答えると、燕燕は「私にも一枚かませてください」と抜け目ないことを言う。 仕方ない、と猫猫は目で返事。 そのやりとりを見ていた姚はあからさまに不機嫌で燕燕に夕食の催促をはじめた。 急いで部屋を飛び出していった燕燕をよそに、姚は猫猫に明日暇かと尋ねる。 どうやら薬を買いに行きたいらしく、その筋に詳しい猫猫について来て欲しいようだ。 言いながら姚は頬を撫でている。 そこには黄疸ができていた。 察した猫猫は化粧品も買いましょうと提案。 花街の妓女御用達の品を扱う店がある。 そこならば青あざも隠せる代物があるはず。 かくして猫猫は姚たちの買い物に付き合うことになる。 「薬屋のひとりごと」9巻のあらすじやネタバレ 猫猫の悪夢は続いていた。 壬氏に横抱きにされたまま寝台のある部屋まで連れてこられた猫猫。 壬氏に対して心臓が高鳴ると同時に薬師として壬氏の傷が気になる猫猫。 猫猫が頭の中で火傷に効く薬について思考を巡らせている中、彼女を下ろす壬氏。 寝台に横になりながら、辛そうな表情を浮かべる壬氏。 そんな壬氏に対して、「痛いのか」と尋ねる猫猫。 猫猫の問い掛けに対して「痛いな」と答えた壬氏だったが、猫猫には壬氏を苦しめている「痛み」が火傷では無いことに気づいていた。 「後悔してないか」と壬氏に尋ねる猫猫。 壬氏は寝台に額をつけたまま静かに涙を流すのであった。 壬氏と語り合いながら、火傷の手当に必要な道具や薬を探して部屋の中を漁る猫猫。 そんな猫猫に「何の後悔だ?」と先程の自分に対する猫猫の問い掛けについて尋ねる壬氏。 壬氏の問い掛けに対して、「壬氏は主上を悲しませるつもりはなかったのだろう?」と答えた猫猫は壬氏が心を痛めているのは、あの時の主上の悲しそうな目を見たからだと悟る猫猫。 猫猫は予想を確信に変える為の根拠として客観的ではなく、人間の感情から見つけ出そうとしている自分を「養父に怒られる」と頭の中で戒めながらも、あの時の壬氏の決断に対する主上の悲しみに満ちた眼差しと玉葉后の前で感情を押し殺した様子の態度から「壬氏が現皇帝の長子である」という妄想が確信へと変わり、決して口に出してはいけない秘密である壬氏と主上、そして阿多の関係が過ぎる。 どんどん知らなくてもいい事を知ってしまうと自分に呆れる猫猫。 横目で少し落ち着いた様子の壬氏を確認した猫猫は、火傷の手当に必要な材料を探しに部屋から出ていこうとする。 しかし、猫猫は即座に壬氏に手首を掴まれしまい…。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊(10巻)の発売日 小説「薬屋のひとりごと」は日向夏による小説作品です。 2011年10月に小説投稿サイトの『小説家になろう』で連載を開始。 2012年にはRayBooksのレーベルから単行本化。 さらにヒーロー文庫より新装刊されています。 小説「薬屋のひとりごと」は現在最新刊は9巻まで発売されています。 そこで最新刊の発売日周期を調べてみたところ、小説「薬屋のひとりごと」はこのような結果でした。 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊発売日周期 1巻:2014年8月29日:後宮編 2巻:2015年1月31日:宮廷編1 3巻:2015年6月29日:宮廷編2 4巻:2015年9月30日:宮廷編3 5巻:2016年4月30日:市井編1 6巻:2016年11月30日:市井編2 7巻:2018年2月28日:砂欧編 8巻:2019年2月28日:壬氏編 9巻:2020年2月28日 小説「薬屋のひとりごと」は2014年に刊行されて以降、2016年までは最短3ヶ月、最長7ヶ月のペースでした。 しかし7巻は1年3ヶ月、8巻と9巻の間はまる1年ほど空いています。 これまでの最新刊の発売ペースから鑑みるに2020年内に最新刊10巻が出る可能性は低いと考えられます。 なので… 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻の発売日は2021年2月26日と予想されます! あくまでこれまでの最新刊の発売日周期からの予測なので、実際の「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻が2020年内に出る可能性もあります。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊10巻のあらすじ 「薬屋のひとりごと」最新刊10巻のあらすじですが、現在読む方法はありませんでした。 ですが発売日近くになればAmazonにて、あらすじは掲載されると思いますのでもう少し待たなければいけませんね。 【U-NEXTのサービス内容】• 月額1990円(税別)が31日間無料!• 登録時に600P付与!無料期間後は毎月1200P付与!• 雑誌読み放題サービス付き!• アニメや動画見放題サービス付き!• 付与される1200P以上の漫画購入費用は40%ポイントバック! 『U-NEXT』のサイトで月額1990円(税抜き)の課金をすれば人気動画が見放題&1200円分のポイントがチャージされ、お好きな漫画を購入することができます。 初回のみ、無料トライアルを受けることができて、さらに600ポイント貰えるのでお好きな漫画作品を1巻無料で読むことも可能です。 「薬屋のひとりごと」は各巻638〜715 円で販売されているのでポイントに38〜115円足すことで1巻分を無料で読むことができます! 「薬屋のひとりごと」コミカライズ作品やスピンオフ作品の「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」も各巻605~660円で購入可能です。 小説「薬屋のひとりごと」最新刊10巻の発売日の予想ですが、これまでの最新刊発売日から考えて 小説「薬屋のひとりごと」の最新刊10巻の発売日は2021年2月26日が濃厚なのかなと思ってます。 電子書籍で「薬屋のひとりごと」」シリーズを集めるならスピンオフまで揃って、お得なサービスがある『U-NEXT』がおすすめです。 ぜひこれを機にチェックしてみてはいかがでしょうか?.

次の