ひらぶん へいぶん。 チューリングが解読したエニグマ暗号機、マシンと計算の簡単な解説: テンメイのRUN&BIKE

チューリングが解読したエニグマ暗号機、マシンと計算の簡単な解説: テンメイのRUN&BIKE

ひらぶん へいぶん

7 まことに、もし これら の こと を 聴 き く 度 ど 量 りょう が あなた に ある なら ば、まことに わたし は あなた に 告 つ げたい。 すなわち、あなたがた が 悔 く い 改 あらた めて 残忍 ざんにん な もくろみ を 捨 す て、 軍 ぐん 隊 たい を 率 ひき いて 自 じ 分 ぶん の 土 と 地 ち へ 帰 かえ ら なければ、あの 恐 おそ ろしい 1 地 じ 獄 ごく が あなた や あなた の 兄 きょう 弟 だい の よう な 2 殺 さつ 人 じん 者 しゃ を 迎 むか え 入 い れよう と 待 ま ち 受 う けて いる こと を、あなた に 告 つ げたい。 einen Vorrat an Lebensmitteln und Kleidung im rechtlich genehmigten Rahmen anlegen, 5. LDS LDS 16 そこで さばきつかさ たち は、 人々 ひとびと に その こと を よく 説明 せつめい し、ニーファイ を 非 ひ 難 なん して 叫 さけ んで 言 い った。 「 見 み よ、 我々 われわれ は 知 し って いる。 その ニーファイ と いう 者 もの が だれか と 共謀 きょうぼう して、さばきつかさ を 殺 ころ した に 違 ちが いない。 そして 彼 かれ は、その 後 のち に 我々 われわれ に その こと を 告 つ げ、 我々 われわれ を 彼 かれ の 信 しん 仰 こう に 転向 てんこう させて、 自 じ 分 ぶん が 神 かみ の 選 えら ばれた 偉 い 大 だい な 者 もの に、また 預 よ 言 げん 者 しゃ に なろう と した の だ。 LDS LDS 42 そして、たたく 者 もの に は だれ に で も、 主 しゅ なる 神 かみ は 門 もん を お 開 あ け に なる。 しかし、 自 じ 分 ぶん に 学 がく 識 しき の ある こと を 1 誇 ほこ る 2 知 ち 者 しゃ や、 知 ち 恵 え の ある こと を 誇 ほこ る 学 がく 者 しゃ 、 富 とみ の ある こと を 誇 ほこ る 富 ふ 者 しゃ 、まことに、これら の 者 もの を 主 しゅ なる 神 かみ は さげすまれる。 彼 かれ ら が この よう な もの を 捨 す てて、 神 かみ の 御 み 前 まえ で 自 じ 分 ぶん を 3 愚 おろ か な 者 もの だ と 思 おも って 心底 しんそこ 4 謙遜 けんそん に なる の で なければ、 主 しゅ は 彼 かれ ら の ため に 門 もん を お 開 あ け に は ならない。 LDS LDS 7 そして、アマリキヤ の へつらい の 言 こと 葉 ば を 信 しん じた 者 もの が 教 きょう 会 かい の 中 なか に 大 おお 勢 ぜい おり、 彼 かれ ら は 教 きょう 会 かい から 離 り 反 はん して しまった。 ニーファイ の 民 たみ は レーマン 人 じん に 対 たい して 1 大 だい 勝 しょう 利 り を 収 おさ め、 主 しゅ の 手 て に よって 解 かい 放 ほう された こと で 大 おお きな 喜 よろこ び を 得 え た に も かかわらず、この よう に 彼 かれ ら の 状 じょう 態 たい は 非 ひ 常 じょう に 不 ふ 安定 あんてい で 危 き 険 けん で あった。 LDS LDS.

次の

JIS X 0008:2001 情報処理用語−セキュリティ

ひらぶん へいぶん

平文とは、 暗号化されていない文章のことを言う。 ひらぶん、あるいは、へいぶんと読む。 そのままの状態なので当然簡単に読める。 そのため盗み見られたら、パスワードが簡単にばれてしまう。 何も隠していない状態と同じだ。 「データベースは漏洩するもの」という意識がなければ、そもそもパスワードの扱いに気を使わない。 簡単にプログラムを書こうとして、そのままデータベースに保存してしまう。 こうした平文でパスワードを保存しているデータベースから情報が盗まれると、苦も無くパスワードを知られることになる。 古くからあるWebサービスでは、予算を充てて改修していない限り、こうした状態になっているところが、 まだまだ多くあると想像が付く。 次は 暗号化だ。 平文で保存するのではなく、 一定の方式で違う文字列に置き換えて、元のパスワードが分からない状態にして保存するというものだ。 平文の状態と違い、データベースから情報が漏れても、すぐには元のパスワードは分からない。 暗号を元の状態に戻す「 復号」をしなければ、パスワードは手に入らないからだ。 ただし、復号できるということは、 元のパスワードを得ることが可能ということだ。 データベースだけでなく プログラムも盗まれてしまえば復号が可能だ。 また、 暗号化の方法を推測されてしまい、解かれてしまうケースもあるだろう。 平文よりはましだが、パスワードを保護する上で、適切かと問われれば疑問が残る。 10年以上前なら、パスワードを忘れた人に、メールでパスワードを知らせるWebサービスも多かった。 パスワードを忘れた際に、 メールでパスワードが送られてくるWebサービスは、平文か暗号化のどちらかの状態で保存されている。 こうしたWebサービスでは、パスワードはそのうち流出すると思っておいた方がよい。

次の

平文は「ひらぶん」? 今話題のNSAをテーマにした小説・パズル・パレスで平文変...

ひらぶん へいぶん

平文とは、 暗号化されていない文章のことを言う。 ひらぶん、あるいは、へいぶんと読む。 そのままの状態なので当然簡単に読める。 そのため盗み見られたら、パスワードが簡単にばれてしまう。 何も隠していない状態と同じだ。 「データベースは漏洩するもの」という意識がなければ、そもそもパスワードの扱いに気を使わない。 簡単にプログラムを書こうとして、そのままデータベースに保存してしまう。 こうした平文でパスワードを保存しているデータベースから情報が盗まれると、苦も無くパスワードを知られることになる。 古くからあるWebサービスでは、予算を充てて改修していない限り、こうした状態になっているところが、 まだまだ多くあると想像が付く。 次は 暗号化だ。 平文で保存するのではなく、 一定の方式で違う文字列に置き換えて、元のパスワードが分からない状態にして保存するというものだ。 平文の状態と違い、データベースから情報が漏れても、すぐには元のパスワードは分からない。 暗号を元の状態に戻す「 復号」をしなければ、パスワードは手に入らないからだ。 ただし、復号できるということは、 元のパスワードを得ることが可能ということだ。 データベースだけでなく プログラムも盗まれてしまえば復号が可能だ。 また、 暗号化の方法を推測されてしまい、解かれてしまうケースもあるだろう。 平文よりはましだが、パスワードを保護する上で、適切かと問われれば疑問が残る。 10年以上前なら、パスワードを忘れた人に、メールでパスワードを知らせるWebサービスも多かった。 パスワードを忘れた際に、 メールでパスワードが送られてくるWebサービスは、平文か暗号化のどちらかの状態で保存されている。 こうしたWebサービスでは、パスワードはそのうち流出すると思っておいた方がよい。

次の