大原 簿記 通信。 資格の大原の簿記2級通信講座を徹底レビュー!口コミ・評判もあわせて紹介!

日商簿記1級の通信講座を比較。おすすめはどれ?合格者が教えます

大原 簿記 通信

簿記2級の通信講座をどのように選択すればよいか、迷ってしまいますよね。 簿記3級に比べて価格も高いですし……。 予算と、内容(あなたがゆずれないもの、そして直感)とのかねあいではないでしょうか。 ではどの価格だとどういうサービスなのかをまずは見てみましょう。 (注)価格については一般価格・定価を掲載しています。 また、教育訓練給付金の活用という手段もあります。 とにかく安心して学びたい〜業界最大手の価格相場〜 まずは、業界で大手と言われるところから見てみましょう。 相場としては 定価で50,000円前後というイメージでしょうか。 会社名:資格の学校TAC 講座名:2級講義パック 講座形態:web通信講座 価格:¥53,500 会社名:資格の大原 講座名:2級合格フルセット 講座形態:web通信 価格:¥66,000 例えば上記2社を使うメリットは下記の通り。 ・上位資格の講座があるので、簿記2級合格後、簿記1級や税理士を目指す際に、なれた教材で学習できる。 ・自習室を開放しており、通信講座の受講生にも利用可能。 したがって 「会計を本職としてもっと学習を続けていきたい」と今の時点で感じるのであれば、価格の面を考慮しても検討に値するかもしれません。 また、会社や自宅に近いところに校舎がある場合、活用できる可能性が大です。 「自宅では学習時間が取れない」という方には頼もしい存在です。 会社名:クレアール 講座名:2級講義パック 受講形態:Web通信 価格:¥46,000 校舎数は冒頭の2社に比べ少ないですが、こちらも公認会計士試験や税理士試験にも進出しており、会計の資格学習の世界では老舗です。 また、クレアールの簿記3級通信講座には一通り目を通しましたが、過不足のないスタンダードな内容で、好感が持てました。 上記のようにブランド力の高いところが、比較的料金が高いのはどの業界でも同様のことでしょう。 講師の立場からすれば、大手の通信講座の授業をするのはプレッシャーのかかるものです。 そのぶん、打ち合わせや講座の企画に最大限の配慮をしていることは推察します。 「とにかく安心して学習したい」という方が公認会計士講座を長年実施しているような企業ブランドで選択するのも合理的だと考えます。 学習途中で「この教材を信用していいのか?」と不安になるというのがあらゆる試験勉強で一番のデメリットですから。 もう少しお安くというあなたに〜40,000円以下で〜 会社名:ネットスクール株式会社 講座名:日商簿記2級標準コース 受講形態:web通信 価格:¥39,500 書籍も多く出版し、税理士や簿記1級の対応もしています。 動画だけではなく、 チャット機能を使ったライブ配信などは特徴です。 ライブ配信でのオンラインは一部実験的な予備校が行っています。 私も他の学習内容でオンラインのライブ授業の経験がありますが、非常に多くの対応力を求められるものです。 講師の先生も努力されていることでしょう。 TAC出版 講座名:日商簿記独学道場2級フルパック 受講形態:資料通信 価格:¥27,800 講義動画がDVDでついています。 ある程度試験勉強に自信のある方で「講義は最小限」にしたい方。 その上で問題集やテキストの使い方が確立できている方でしたら必要十分な教材が詰まっています。 使用するのは最大手のTACの市販書籍ですので信頼と教材という二点に集中したらこの価格はとてもよくまとまっていると言えます。 新興オンラインスクール〜20,000円を切る講座〜 新興のオンライン予備校では 20,000円を切る価格の講座も用意されています。 普段からよく資格学習について調べている方でないと、あまりなじみのないブランド名かもしれません。 しかし、運営会社の資金調達の状況などを見るかぎり、会社として現状、伸びているのを感じる部分もあります。 「とにかく価格」「最小限でいい」という方でしたら、お試し動画などをご覧になって、好感のもてる先生であればついていくのもいいでしょう。 ただし、オンラインで完結するのが基本なので、「試験勉強は紙ベースじゃないとイヤ」という私(御年36歳)は慣れが必要かもしれません……。 低価格での学習環境提供への熱意を感じる企業2社です。 生活にスマホやタブレットを十分活用できている方でしたら検討に値するかもしれません。 資格スクエア ¥19,440 通勤講座 ¥17,800 まとめ 簿記2級においては、ある程度の教材を使えば、こまかな情報の差(例えば予想問題が当たる。 あるいは当たらない。 テキストの問題と同じものがそのまま出る)がそのまま合否に影響することはきわめて少ないと言えます。 なぜならば、試験問題が研究されつくしており、なおかつ、試験委員対策等、学術論文を検討する必要のあるほどのレベルの試験でもないからです。 だからこそ、通信においては「この先も利用しやすそう」「信頼できるイメージがある」「通いやすい自習室がある」「値段が予算内」「先生の好感が持てる」そういったシンプルな基準で選んでしまってもよいと私は考えています。 どの教材を選んでも「やりきる」ことが最も大事です。 また、講座の形態も通信制度の評価のみで、その他校舎への通学講座、学内講座等は一切評価の対象とはしていません。 簿記の講座を探す• 関東エリア• ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・• 北海道・東北エリア• 甲信越・北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国・四国エリア• 九州エリア•

次の

おすすめ簿記通信講座!講座選びのポイントと合わせて紹介

大原 簿記 通信

簿記2級の通信講座をどのように選択すればよいか、迷ってしまいますよね。 簿記3級に比べて価格も高いですし……。 予算と、内容(あなたがゆずれないもの、そして直感)とのかねあいではないでしょうか。 ではどの価格だとどういうサービスなのかをまずは見てみましょう。 (注)価格については一般価格・定価を掲載しています。 また、教育訓練給付金の活用という手段もあります。 とにかく安心して学びたい〜業界最大手の価格相場〜 まずは、業界で大手と言われるところから見てみましょう。 相場としては 定価で50,000円前後というイメージでしょうか。 会社名:資格の学校TAC 講座名:2級講義パック 講座形態:web通信講座 価格:¥53,500 会社名:資格の大原 講座名:2級合格フルセット 講座形態:web通信 価格:¥66,000 例えば上記2社を使うメリットは下記の通り。 ・上位資格の講座があるので、簿記2級合格後、簿記1級や税理士を目指す際に、なれた教材で学習できる。 ・自習室を開放しており、通信講座の受講生にも利用可能。 したがって 「会計を本職としてもっと学習を続けていきたい」と今の時点で感じるのであれば、価格の面を考慮しても検討に値するかもしれません。 また、会社や自宅に近いところに校舎がある場合、活用できる可能性が大です。 「自宅では学習時間が取れない」という方には頼もしい存在です。 会社名:クレアール 講座名:2級講義パック 受講形態:Web通信 価格:¥46,000 校舎数は冒頭の2社に比べ少ないですが、こちらも公認会計士試験や税理士試験にも進出しており、会計の資格学習の世界では老舗です。 また、クレアールの簿記3級通信講座には一通り目を通しましたが、過不足のないスタンダードな内容で、好感が持てました。 上記のようにブランド力の高いところが、比較的料金が高いのはどの業界でも同様のことでしょう。 講師の立場からすれば、大手の通信講座の授業をするのはプレッシャーのかかるものです。 そのぶん、打ち合わせや講座の企画に最大限の配慮をしていることは推察します。 「とにかく安心して学習したい」という方が公認会計士講座を長年実施しているような企業ブランドで選択するのも合理的だと考えます。 学習途中で「この教材を信用していいのか?」と不安になるというのがあらゆる試験勉強で一番のデメリットですから。 もう少しお安くというあなたに〜40,000円以下で〜 会社名:ネットスクール株式会社 講座名:日商簿記2級標準コース 受講形態:web通信 価格:¥39,500 書籍も多く出版し、税理士や簿記1級の対応もしています。 動画だけではなく、 チャット機能を使ったライブ配信などは特徴です。 ライブ配信でのオンラインは一部実験的な予備校が行っています。 私も他の学習内容でオンラインのライブ授業の経験がありますが、非常に多くの対応力を求められるものです。 講師の先生も努力されていることでしょう。 TAC出版 講座名:日商簿記独学道場2級フルパック 受講形態:資料通信 価格:¥27,800 講義動画がDVDでついています。 ある程度試験勉強に自信のある方で「講義は最小限」にしたい方。 その上で問題集やテキストの使い方が確立できている方でしたら必要十分な教材が詰まっています。 使用するのは最大手のTACの市販書籍ですので信頼と教材という二点に集中したらこの価格はとてもよくまとまっていると言えます。 新興オンラインスクール〜20,000円を切る講座〜 新興のオンライン予備校では 20,000円を切る価格の講座も用意されています。 普段からよく資格学習について調べている方でないと、あまりなじみのないブランド名かもしれません。 しかし、運営会社の資金調達の状況などを見るかぎり、会社として現状、伸びているのを感じる部分もあります。 「とにかく価格」「最小限でいい」という方でしたら、お試し動画などをご覧になって、好感のもてる先生であればついていくのもいいでしょう。 ただし、オンラインで完結するのが基本なので、「試験勉強は紙ベースじゃないとイヤ」という私(御年36歳)は慣れが必要かもしれません……。 低価格での学習環境提供への熱意を感じる企業2社です。 生活にスマホやタブレットを十分活用できている方でしたら検討に値するかもしれません。 資格スクエア ¥19,440 通勤講座 ¥17,800 まとめ 簿記2級においては、ある程度の教材を使えば、こまかな情報の差(例えば予想問題が当たる。 あるいは当たらない。 テキストの問題と同じものがそのまま出る)がそのまま合否に影響することはきわめて少ないと言えます。 なぜならば、試験問題が研究されつくしており、なおかつ、試験委員対策等、学術論文を検討する必要のあるほどのレベルの試験でもないからです。 だからこそ、通信においては「この先も利用しやすそう」「信頼できるイメージがある」「通いやすい自習室がある」「値段が予算内」「先生の好感が持てる」そういったシンプルな基準で選んでしまってもよいと私は考えています。 どの教材を選んでも「やりきる」ことが最も大事です。 また、講座の形態も通信制度の評価のみで、その他校舎への通学講座、学内講座等は一切評価の対象とはしていません。 簿記の講座を探す• 関東エリア• ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・• 北海道・東北エリア• 甲信越・北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国・四国エリア• 九州エリア•

次の

おすすめ簿記通信講座!講座選びのポイントと合わせて紹介

大原 簿記 通信

この記事は、現役の簿記講師 (日商1級 保有)の「みのり」が簿記1級に合格するための学校の選び方を紹介します。 学校の選び方を間違えると「何十万もかけたのに、何年も合格できない!」なんてことにも…。 実は私、 独学で1級にチャレンジして、見事に失敗しました。 (簿記講師として、恥ずかしい話ですが…) このままでは「一生合格出来ないかも」と思い、独学を諦め、簿記1級の講座を受講することにしました。 一度失敗しているので、次は失敗できません。 必死で情報収集しました。 幸い簿記講師という仕事上、仕事仲間には簿記1級の受験経験者も多かったので、簿記1級講座の情報も色々と聞くことが出来ました。 最終的に「 」を受講し、無事に「簿記1級」「全経上級」の資格を取得しています。 この記事では、簿記1級の講座探し~受験の経験をもとに「 簿記1級講座のおすすめ3校」「学校選びのポイント」を紹介します もくじ• 簿記1級の学校は「ネットスクール」「大原」「TAC」の3択!各学校の比較 簿記1級の講座を比較するときに、授業料や通いやすさなど様々な基準がありますよね。 私が一番重要視したのは、「合格出来るかどうか」でした。 高い料金と、時間をかけて受験するので、合格出来ないと意味がありませんよね。 1級の学校選び、最重要ポイントは合格実績 簿記1級の講座は、日本国中を探すと数多くあります。 ただ、 1級の合格実績が高い学校は少数です。 間違った学校選びをしてしまうと、高額な授業料10万~20万を無駄にするだけではありません。 試験勉強に費やした時間(1級だと数年間もざらです)も、無駄にしてしまいます。 ちなみに簿記2級や3級の講座は、合格実績の高い学校も多く、分かりやすさや受講料の安さで選んでも、当たりはずれは少ないです。 しかし、1級となると教える側にも相当な知識が必要。 各学校の実績にかなりの差が出てきます。 ちなみに、各学校の合格実績(合格率)は「直接学校に問い合わせる」ことで教えてもらえる場合もありますよ。 ネットスクールはこんな人にオススメ ネットスクールは、ここ数年で非常に人気が高くなってきている学校です。 ネットでの講座展開のみですが、ネットを上手に利用して試験の解答速報をどこの学校よりも早く無料公開したり、解答速報会では講師と受験生がメッセージのやり取りをしながら解説を聞くことが出来たりと、受験者のことを考えた先進的な取り組みを実施しています。 また、難しい論点を分かりやすく、工夫して説明しているのでTACや大原が難しく感じたという方の中には、ネットスクールを絶賛する人もいます。 ちなみに私が受講した1級講座はTACでしたが、どうしても理解出来ない論点があった時、苦し紛れにネットスクールの本を立ち読みしたら、すぐに解けるようになったことがありました。 簿記1級の講座選びのポイント 今回、紹介した3校は全てオススメ出来る学校なので、どれを選択しても間違いないと思います。 それでも悩む方は・・・いくつかポイントをご紹介します。 3級・2級コースを受講した学校があれば、優先的に検討する それぞれの学校では、教え方や進め方の特徴があります。 3級・2級コースをいずれかの学校で受講し、違和感なくスムーズに勉強が出来た場合は、同じ学校を選択することをオススメします。 「教え方」「教材の違い」に戸惑うことなく、スムーズにスタートを切ることができます。 悩む原因が「料金」だったら、フィーリングで選ぶと良い もし、「学校(講師)の教え方」「分かりやすさ」「自分との相性」で迷っているのなら、直感(フィーリング)で選ぶのが一番だと思います。 自分と学校の相性をチェックする、おススメの方法を紹介します。 本屋でテキストを立ち読みする。 一番基本的な確認方法ですね。 どの学校も、書店にテキストが販売されています。 授業では市販されていないオリジナル教材を使う学校もありますが、学校の教え方や分かりやすさは十分に確認が出来ます。 特に、各学校が発行している「予想問題集」がお勧めです。 どの学校もかなり力を入れて作成しており、講師の紹介や予想に至る考え方なども掲載している学校もあります。 ただ、予想問題集を立ち読みするときは、1級ではなく、2級(もしくは3級)を見るようにしましょう! 勉強する前に1級の解説を見てもチンプンカンプンで相性も判断できないと思いますが、自分が理解している2級の解説であれば、分かりやすいかどうか判断できますし、過去に2級で自分が習った学校とも比較がしやすいと思います。 公式サイトより、解答速報をチェックする。 各学校は、簿記試験終了後に「解答速報(予想)」を公式サイトで公開します。 また、大原やTACでは、後日解説付きの解答(予想)の冊子を希望者に無料で提供しています。 3級~1級まで掲載されており、無料で取り寄せ、家でじっくり確認が出来るので、取り寄せて解説などを見て教え方を確認しても良いでしょう。 悩む原因が「料金」だったら、悩まない方が良い 資格は、一生の財産です。 特に簿記の資格は、保有期限も、更新制度もありません。 一度頑張って取ったら、「1級簿記を持っている」と一生胸を張って言えるのです。 「会社の昇進」「評価の向上」「転職の成功」など、簿記1級を取得することで、数年後、数十年後には受講料以上の報酬になって返ってくる場合もあります。 簿記1級の受講料は高い分、必ず合格して元を取ってやる!というモチベーションの向上にもつながります。 無理は禁物ですが、自分への投資が可能であればチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 悩むより、少しでも早く勉強に取り掛かった方が有利 1級は、特に学校選びに慎重になりますが、学習時間も多く必要となるため、少しでも早く勉強を始めた方が有利です。 試験日近くになると、1週間・1日・1時間でも惜しくなります。 あまり慎重になりすぎずに、いち早く行動(勉強)に進むことも大事だと思います。 1級は難関試験で相当な努力が必要ですが、合格出来ることを願っています。

次の