コロナ 治療 薬 候補。 世界の治療薬の開発動向、既存薬の転用と新薬の開発が同時並行で進行中:日経バイオテクONLINE

新型コロナ治療薬候補のカレトラ、臨床試験の結果が明らかに|Beyond Health|ビヨンドヘルス

コロナ 治療 薬 候補

新型コロナウイルスがひきおこす重い肺炎の治療薬候補のひとつに、免疫を抑える薬が注目されている。 本来は体を病気から守る免疫を抑えてしまうと、ウイルスが増えるおそれがあり、通常は使われない。 常識と違う使われ方をするのは、新型コロナの重症化の原因に、免疫が暴走する「サイトカインストーム」が指摘されているからだ。 どういうしくみなのか。 新型コロナに感染した患者の診療にあたる、大阪はびきの医療センターの田中敏郎副院長は「急速に全身状態が悪化して、人工呼吸器が必要になる患者がいる」と話す。 こうした急速な重症化の原因とみられるのが、サイトカインストームだ。 2003年に中国などで流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)などでも影響が報告された。 「サイトカイン」とは、細胞から分泌され、さまざまな働きを持つ、たんぱく質の総称。 ウイルスが細胞に侵入すると、免疫にかかわるサイトカインの働きが強まり、免疫細胞を活性化して、ウイルスに感染した細胞を攻撃する。 感染症にかかると、発熱やだるさ、筋肉痛などが起こる。 これはサイトカインが働き、病原体と戦っている証拠だ。 ところが、何らかの理由でサイトカインが増えすぎると、免疫の働きが暴走する。 これが嵐(ストーム)のように急速に起こる状態が、サイトカインストームだ。 サイトカインストームとは 免疫が暴走しないように体内には複雑な仕組みが備わっている。 だが、ひとたびサイトカインストームが起こると制御できなくなり、暴走した免疫が、感染した細胞だけでなく、正常な細胞も傷つけてしまう。 サイトカインストームでは、血液が固まりやすくなる恐れもあり、血流が止まる血栓の原因にもなりうる。 新型コロナの患者で脳梗塞(こうそく)が起きるケースが相次ぐなど、血管への影響が注目される。 肺では、毛細血管をつくる細胞が傷ついたり、血管がつまったりして、必要な酸素が吸収できなくなる「急性呼吸不全」になってしまい、人工呼吸器などが必要になることがある。 心臓、肝臓や腎臓など、さまざまな臓器で正常な細胞が傷つき、最悪の場合は死に至ることもある。 研究進む「候補薬」 新型コロナの治療薬ベクルリー(一般名レムデシビル)や、治療薬候補のアビガン(ファビピラビル)のような抗ウイルス薬では、免疫の暴走は止められない。 そこで、免疫を抑える薬を使え….

次の

新型コロナウイルス治療薬候補の抗HIV薬「カレトラ」、中国での臨床試験の結果が明らかに|@DIME アットダイム

コロナ 治療 薬 候補

人類の英知で事態を切り開けるか(写真:Table-K/PIXTA) 国内での拡大が続く新型コロナウイルス感染症に対し、待ち望まれている治療薬。 安倍晋三首相は3月28日の記者会見で、「わが国では4つの薬について、すでに観察研究としての投与を開始している。 そのうち新型インフルエンザ治療薬として承認を受け、副作用なども判明しているアビガンについては、これまで数十例で投与が行われている。 ウイルスの増殖を防ぐ薬であり、すでに症状の改善に効果が出ているとの報告もある」と述べた。 現在、日本で有望視されている候補薬は、「アビガン」のほか「レムデシビル」「カレトラ」「オルベスコ」という計4種類の薬剤だ。 社会不安を解消するためにも、1日でも早く治療薬がほしいところだが、一方で本当に効くかどうかを科学的に証明するためには、実際に人に投与した症例を集めて解析する「臨床試験」が必要となる。 たとえ有効性が確認できたとしても、「特効薬」と呼べるものになるかは未知数で、過度な期待は禁物だ。 「レムデシビル」で臨床試験を開始 政府による治療薬開発は、国立国際医療研究センター(東京)を中心に進んでいる。 同センターで国際感染症センター長を務める大曲貴夫医師を責任者とする研究班が発足。 3月23日、まずは「レムデシビル」で臨床試験を開始すると発表した。 米国の国立衛生研究所(NIH)の主導で進めている国際的な臨床試験に日本の医療機関として参加する。 レムデシビルは、アメリカの製薬会社、ギリアド・サイエンシズがエボラ出血熱を対象に開発中で、まだ世界のどの国でも承認されていない候補薬だ。 数年前にアフリカ中東部で猛威を振るったエボラ出血熱の治療として投与されたが、別の薬剤より治療効果が劣るとされ、投与中止となり開発は足踏みしていた。 そのレムデシビルが脚光を浴びたのは、米国での新型コロナウイルス感染者への投与で効果がみられたためだ。 ギリアド日本法人の広報担当者は「新型コロナウイルスがSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)に似た構造ということで、試験管内で調べたところ高い反応を示した。 そこでアメリカ・ワシントン州の患者1人に試験的に投与したところ治療効果が見られ、候補薬に挙がるにようになった」と経緯を説明する。 大曲氏は次のように語る。

次の

鹿児島大、コロナ治療薬候補の化合物確認「増殖を抑制」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ 治療 薬 候補

画像出典: 株式会社FRONTEOは5月1日、AIを使った新型コロナウイルス感染症の研究において、約450種の既存薬の転用候補が見つかったと発表した。 FRONTEOでは、同社の創薬支援AIシステム「Cascade Eye」を利用し、新型コロナウイルス感染症のパスウェイマップの構築に成功している(2020年4月24日発表)。 パスウェイマップとは、遺伝子等の関係性を繋いだものである。 パスウェイマップに示された分子や遺伝子に関する論文を解析することで、既存薬の候補を探索できるようにしていた。 FRONTEOのCascade Eyeを使うことで、候補薬探索の大幅な効率化が可能だという。 Cascade Eyeの活用によって、新型コロナウイルス感染症に対して見つけた450種のうち、オートファジー、抗炎症関連化合物など約400種が市販されていることもわかった。 FRONTEOは、効果や副作用などに関する適正な治験を経たのち、新型コロナウイルスの治療薬としての活用に期待できると考えている。 FRONTEOのCascade Eyeは、先に記載したとおり、病気にかかわる重要な遺伝子や分子をパスウェイマップ(関連性を表す経路図)に示して可視化するAIシステムだ。 マップ上に示された分子や遺伝子に関する論文を解析することにより、既存薬の候補を探索可能である。 人間の思い込みやバイアスなしにAIが判断するのがCascade Eyeの特徴であるため、既存の知識・経験だけでは見逃す可能性がある新規ターゲット、バイオマーカーの発見に加え、有効性・安全性の予測等にも網羅性をもって応用可能だ。 Cascade Eyeで作成したパスウェイマップは、治療薬の選定に活用してもらうために、製薬企業や公的機関等に公開している。 >> 新型コロナの予測・抑制などを目指すハッカソン 株式会社groovesのマレーシア法人Grooves Sdn. Bhd. は2020年3月30日から、ソフトウェア開発者・データサイエンティスト向けの国際的オンラインハッカソンイベント「Coronavirus Hack」を開催していた。 Coronavirus Hackの狙いは、世界トップクラスのデータサイエンティストがメンターとして参加者の開発をバックアップしながら、新型コロナウイルスに対する新たなソリューションの発掘だ。 Grooves Sdn. Bhd. が拠点とするマレーシアでは、2020年3月18日から東南アジアで初となるロックダウン(都市封鎖、外出制限)が実行された。 今回のハッカソンの開催は、「インターネットを通じて世界中の人々が協力し、直面する問題を乗り越える『きっかけ』を提供すべきである」と考えて企画された。 また、株式会社groovesの代表取締役の池見氏も、「このたびのオンラインハッカソンが、国境を越えて人々が世界共通の新型コロナウイルスという問題に立ち向かうきっかけとなり、ひいては新型コロナウイルス対策の一助となることを目指します」とコメントしている。

次の